建設業の許可とは|建設業許可申請代行サービス

建設業の許可とは|建設業許可申請代行サービス

建設業の許可

建設工事の完成を請け負う営業をするには、「軽微な工事」(法第 3 条第 1 項ただし書の政令で定める軽微な建設工事)を除いて、元請負人・下請負人、個人・法人の区別に関係なく、建設業法による許可を受けなければなりません。

軽微な建設工事

次の表に掲げる建設工事のみを請け負う場合、建設業許可は必要ありません。

建築一式工事で右のいずれか に該当するもの ・1 件の請負代金が 1,500 万円未満の工事(消費税を含んだ金額)
・請負代金の額にかかわらず木造住宅で延面積が 150 ㎡未満の工事 (主要構造部分が木造で、延面積の1/2以上を居住の用に供すること)
建築一式工事以外の建設工事 ・1 件の請負代金が 500万円未満の工事(消費税を含んだ金額)

※注文者が材料を支給するいわゆる手間請けというような請負の形式をとった場合には、材料費を含ん だ額が請負代金の額とされます。

※一つの工事を 2 以上の契約に分割して請け負うときは、それぞれの契約の請負代金の合計額となります。

建設業許可申請代行サービスのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、048-677-2601(平日土祝日9:00~20:00)

建設業許可申請代行サービス|埼玉